マギレコの最新情報、ニュース、ネタのまとめサイト

マギレコの巣窟 Twitterフォロー マギレコの巣窟 雑談掲示板

【マギレコの巣窟】『まどか☆マギカ』&『マギアレコード』専門用語集♪♪♪【※ネタバレ注意※】

今回は原作アニメ『まどか☆マギカ』『マギアレコード』の専門用語に関して紹介していきたいと思います。

【※ネタバレ注意※】

原作をまだご覧になられていない方はネタバレを含む記事ですのでご注意下さい。

『魔法少女まどか☆マギカ』専門用語

ア行

・アルティメットまどか

神になった鹿目まどか。

宇宙の法則を変え、魔女を生まれる前に消し去る概念となったまどか。

円環の理と表現される。

 

・悪魔ほむら

暁美ほむら第4の姿=悪魔ほむら。

劇場版[新編]叛逆の物語で円環の理の力を一部奪い取り神の力を手にいれたほむら。

改変された世界で「悪魔」と自称し「悪魔ほむら」として降臨。

 

・インキュベーター

「キュゥべえ」の本来の名前。
地球外の生命体で高度な文明を発達させており、人類と接触して魔法少女と魔女を生み出してきた。

人間的感情を持たず、善悪についての頓着がない。

 

・円環の理 (えんかんのことわり)

魔法少女となりし者に訪れる運命。

魔法少女の間で口伝されている伝承という設定。

「神格化したまどかを指す概念」or「限界まで穢れをため込んだ魔法少女を浄化し、この世から消滅させる力・現象」としての意味。

最初に「円環の理」という言葉を発したのは「巴マミ」

 

カ行

・グリーフシード

魔法少女が魔女を倒して得られる報酬。

(魔女が倒れると、その場から魔女の姿は消滅しグリーフシードが落ちる。)

魔力の消費による「ソウルジェム」の穢れを吸って移し替えることができるが「グリーフシード」消耗品であり、一定量以上の穢れを吸うと魔女が孵化する。

各魔女ごとにグリーフシードの模様が違っている。

 

・クーほむ

劇中「もう誰にも頼らない」という決意を表明して、 魔法で視力を矯正し、眼鏡と三つ編みを外してクールな態度を取るようになった暁美ほむらの総称。

 

・コネクト

歌手Claris (クラリス)の歌うアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』オープニングテーマ。

 

サ行

・ソウルジェム

少女とキュゥべえとの契約によって生み出される宝石、魂の宝石。

「ソウルジェム」=「契約した少女の魂」つまりは魔法少女の命。

魔法少女は「ソウルジェム」を使って変身する。

魔法少女の証であり、魔力の源。

魔法を使うたびに少しずつ濁ってしまうのだが、魔女が落とすグリーフシードに穢れを移すことで浄化できる。

「ソウルジェム」が完全に濁ってしまうと「グリーフシード」へと変化し「魔法少女」は『魔女化』してします。

 

タ行

・ティロ・フィナーレ

「巴マミ」の必殺技名。巨大な銃を召喚して一撃を放つ。

 

ナ行

 

ハ行

 

マ行

・マギア

Kalafina(カラフィナ)の歌うアニメ『魔法少女まどか☆マギカ』エンディングテーマ。

 

・魔女

魔法少女の倒すべき敵。

各魔女には大抵「使い魔」がいて「使い魔」も成長すると魔女になる。

ソウルジェムが汚れきるとグリーフシードに変貌して魔法少女は魔女になってしまう。

 

・魔女のくちづけ

魔女によって操られた人間にある紋章の事。

魔女によってくちづけの模様が違う。

 

・魔法少女

魔法を使う事が出来る少女。

キュゥべえとの契約でどんな願いでも叶う代わりにソウルジェムを与えられ、魔法少女として魔女と戦う義務を負う。

「キュウべえ」曰く「魔女」になる前の「少女」の事…ゆえに「魔法少女」と呼ぶらしい。

 

・マミる

TVアニメ3話でお菓子の魔女Charlotteに「巴マミ」の頭部が食いちぎられ殺される。

そのシーンが衝撃的であった為に「マミる」という言葉がうまれた。

この「マミる」をキッカケに『魔法少女まどか☆マギカ』が通常の「少女アニメ」と一線を画すアニメである事を象徴づけたシーン。

 

・見滝原市

『魔法少女まどか☆マギカ』の魔法少女たちが活躍する舞台になっている街。

 

・メガほむ

眼鏡をかけた三つ編み姿の暁美ほむらの事である。

『魔法少女』になる前の本来の暁美ほむらの姿と言ってもよいだろう。

 

ヤ行

 

ラ行

・リボほむ

鹿目まどかから受け取ったピンクのリボンを付けた暁美ほむらの事である。

 

・ルミナス

元々は劇場版『魔法少女まどか☆マギカ』のオープニングテーマ。

互いに頬ずりをする行為を「ルミナスする」と呼ぶ。

 

ワ行

・ワルプルギスの夜

舞台装置の魔女(ワルプルギスの夜)。

その性質は無力。

歴史の中で語り継がれる、単独の魔法少女では対処しきれない超大型の魔女。

『マギアレコード』専門用語集

ア行

・インキュベーター

「キュゥべえ」の本来の名前。
地球外の生命体で高度な文明を発達させており、人類と接触して魔法少女と魔女を生み出してきた。

人間的感情を持たず、善悪についての頓着がない。

 

カ行

・神浜市

マギアレコードの舞台となる新興都市。

 

・コネクト

ディスクを用いて攻撃し続け一定のポイントが貯まると使用可能になる技。

 

サ行

タ行

・ディスク

ディスクのタイプはAccele、Blast、Chargeの3種類。

魔法少女はそれぞれの特性に合わせたディスクを持つ。

 

ナ行

ハ行

マ行

・マギア

マギアレコードにおける必殺技の総称。

魔法少女ごとにマギアは異なる。

 

・魔女

魔法少女の倒すべき敵。

各魔女には大抵「使い魔」がいて「使い魔」も成長すると魔女になる。

ソウルジェムが汚れきるとグリーフシードに変貌して魔法少女は魔女になってしまう。

 

・魔法少女

魔法を使う事が出来る少女。

キュゥべえとの契約でどんな願いでも叶う代わりにソウルジェムを与えられ、魔法少女として魔女と戦う義務を負う。

「キュウべえ」曰く「魔女」になる前の「少女」の事…ゆえに「魔法少女」と呼ぶらしい。

 

・メガほむ

眼鏡をかけた三つ編み姿の暁美ほむらの事である。

『魔法少女』になる前の本来の暁美ほむらの姿と言ってもよいだろう。

『マギアレコード』事前登録者全員にプレゼントされる。

ヤ行

ラ行

ワ行

 

・こちらは『マギアレコード』リリース後に判明情報などを随時更新していきますので、是非ご活用下さい。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

公式Twitter